未分類

ニコチンのメリットが見つからないので禁煙します

投稿日:

学生時代、エコーやわかばを1日2箱消費するヘビースモーカーでした。

それから4年ほどの禁煙期間を経て、アイコスやプルームテックなどの加熱式煙草によって見事に喫煙者に逆戻りしました。

そしてなんとなく煙草を辞めたいけど、辞める理由がなかったので、完全に禁煙するための理由を探すことに。

結論から言うと、ただ一つの例外を除いてニコチンを摂取するメリットはありません。

その例外とはADHD傾向の強い人です。かなりレアケースだと思いますが、ADHDの人はニコチンの摂取が効果的かもしれません。

自分もADHDの傾向があって、それが人よりチェーンスモーキングしてしまう理由や、煙草を吸った30分間ぐらいは凄く脳がスッキリしてる感じがあるのでなかなか辞められませんでした。

実際にそういう研究結果があり、現在でも研究が進められています。

ADHDの人はニコチンにより認知機能が大幅に改善される

自分は小さい頃から若干ADHDの傾向がありました。

ADHD者にニコチンを投与すると、通常では考えられないほど効果があるそうです。

ADHD者にニコチンを投与して、コンピュータを用いた認知機能検査を行ったところ、投与後に認知機能が大幅に改善し、活気、気力が高まったと報告しています。このような効果は健常者にニコチンを投与してもみられません。(p153)

VOICE新書 知って良かった、大人のADHD

また、私は小さい頃にてんかんの疑いがあり小学校を卒業するまで脳波の検査をしていたこともあります。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)患児では、てんかん合併や脳波異常を認める頻度が高いことが知られる。

脳波所見から考えるてんかんとADHD

ADHDや自閉症は、行動観察や問診以外に有用なバイオマーカーが存在しないので、素人判断では難しいですよね。更に発達障害と言われる所以として、障害が固定されているわけではなく常に変化するわけです。

一時期はコンサータやストラテラなどを処方してもらって飲んでいた時期がありましたが、確かに思考の騒がしさが軽減されて、薬を飲んでいる間は静かな場所に一人で佇んでいるような感覚もありました。

ただ、自分がADHDではないか?と気づいたのはもうアラサー近くになってからなので、現状普通に生活することができているかつ、変化することが怖い事もあり薬を飲むのを辞めました。

ニコチンで代用していたけど…

そんなこんなで薬の処方を辞めてからなんとなくアイコスに手を出して、タール0のプルームテックに移行します。喫煙後はかなり脳がスッキリするので、がっつり仕事に集中できるわけです。

私は人とのコミュニケーションが苦痛で会社を辞めてからは、自営業でほそぼそと生活してますので、仕事の仕方も、生活スタイルも自由が効きます。

しかし、その自由が裏目に出てしまいます。

ニコチン中毒が加速して1日2箱ぐらいの消費になるわけです。いくらタール0でニコチンだけのプルームテックとはいえ、1日2箱は金銭的にも身体的にもよろしくないと気づきました。毎月タバコ代だけで3万円ですし、しかも呼吸は辛いし体力は落ちるし。

代用どころかコスパ悪すぎることに気づき、禁煙することにしました。

喫煙時に脳波はどう変化しているのか

私はなぜ煙草が辞められないのか考えることにしました。煙草を吸うと脳がスッキリするわけです。

普通の人はそれをニコチン中毒と呼ぶのでしょうが、私にとっては薬のような感覚なわけです。すっとやりたいことにフォーカスできたり、人と話すときに頭がうまく回るので吸うのです。

 

 

そこで、いろいろ調べてみると興味深い研究結果がありました。

2012-09-25 - 南の島の薬剤師 ScrapBook

このグラフは喫煙することによりα波の周波数が向上していることがわかります。

喫煙により脳が覚醒するのは間違いではないが、そもそも喫煙者は非喫煙者に比べてα波の平均周波数が低いので、喫煙のベネフィットはないですよという話です。

つまり喫煙者はニコチンによって手動で脳波を調節しているということになります。

でも、ADHDの人の脳波はバランスが悪いそうで、大切なのは脳の活動のバランスだそう。

発達障害の診断のときに脳波も見てもらったのですが、私の場合はベータ波優位になっていました。人の平均よりも脳活動が活発なんですね。悪い言い方すれば過活動、つまり活動しすぎです。

ADHD/ADD当事者の薬に頼らない3つの秘訣 呼吸と脳波編 その1

α波は落ち着き・リラックス・集中している状態を表し、β波は通常の状態~イライラしている状態、緊張感のある状態を表します。

人によって崩れ方は様々だと思いますが、ADHDの人はもともと脳波が崩れており、グラフで言うα波の平均周波数が極端に少なかったり、ニコチンによって極端に上がったりするということではないでしょうか。

調べても詳しい研究結果や論文が見つかりませんでしたので、感覚的な話になってしまいますが、私にとってはものすごく納得できるわけです。

ナチュラルに、どうにかしてα波を増やしたい

どちらにせよニコチンによる脳波の手動調節は面倒くさいし、金銭的な効率も悪いわけです。

なので日常的にα波を増やすようなアプローチをしていこうかなと考えています。

 

-未分類

Copyright© Huzze.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.